看護師で仕事が出来る人の特徴とは?

 どんな職業にも仕事ができる人とできない人がいるように看護師にも仕事ができる人とできない人が存在する。
 看護師として働く以上、患者からも同僚からも頼りにされるような仕事ができる人を目指したいと思うのは自然なことだが、仕事ができる看護師にはどのような特徴があるのだろうか。

 まず仕事ができる看護師はコミュニケーション能力が高いという特徴を持つ、チームワークが重要な看護の現場でスムーズに作業を進めるためにはコミュニケーション能力の高さが不可欠となる。
 またスタッフ同士だけではなく患者とのコミュニケーションも重要、患者と会話することで患者の不安を和らげ安心感を与えることが可能だ。

 更にチョットした体調の変化などカルテでは分からない情報に気付くこともできる。
 テキパキと作業をこなす方が仕事ができる印象を与えるが、仕事ができる・できないに作業の早さは余り関係ない。
 看護師は人の命を預かる仕事なので作業の早さよりミスのない確実な仕事が重要、いくら作業が早くてもミスをしてしまえば意味がないのである。
 もちろん余りに作業が遅いと業務効率が悪くなるので、確実性を損なわないように少しずつ作業スピードをアップすることも必要だ。

 また学習意欲の高さも仕事ができる看護師の特徴、医療の世界は日進月歩で変化するためベテランの看護師であっても新たな医療・看護の知識を学ぶ必要がある。
 長く看護師として働く為にも後輩看護師の模範となる為にも、新たな医療・看護知識の学習は不可欠である。