仕事ができる人の特徴と看護師の現実

 看護師といえば患者さんに優しく接し、てきぱきと仕事をこなし、病気からの回復を助ける「仕事ができる人」というイメージがあるかもしれない。
 実際に看護師になれば、そういった看護師像を目指したくなる人は多いだろう。
 採血や点滴といった看護技術にはマニュアルもあるが、患者さんとの関わり方や、複数の患者さんの看護をする時の仕事の進め方など、個人の力量に左右されることも多い。

 「仕事ができる人」の特徴を考えると、採血や点滴などの技術が素早く的確にできるということはもちろんだが、患者さんの急変時に冷静に対応できるということも挙げられる。
 また優先順位を考え仕事をすることで、忙しい時にも忙しく見えず、余裕を持って行動できていることも特徴のひとつだ。

 医師の指示に従って看護するだけでなく、患者さんを観察し、医師と話し合いながら看護する人も「仕事できる人」だろう。
 さらに新人看護師や周囲のスタッフへ配慮し、声をかけることができたり手助けができたりすることもそうだ。
 日々学習を重ねて知識を増やし看護へ生かすといったことや、患者さんへ優しく寄り添えることも特徴だ。
 患者さんへ優しいだけでなく、厳しく批判的に接することも時には必要だろう。

 多くの看護師がいるが、看護師の仕事が人と接するものであるため、全てにおいて完璧な看護師はいない。
 自分の看護を反省し、同僚の良い点は学ぶようにしていくことで、より看護師として「できる人」へ成長していくはずである。